2016
06/15

COMMENTS:
No Comments »

ホワイトなバイトの探し方

肉体労働のうえ休憩は取りづらく、有給は飾りだけで賃金は安いバイトをブラックなバイトという。それに対しホワイトなバイトというのは、賃金に対し労働は少なく、休憩・有給はしっかり保障されている仕事を指す。そして、ホワイトなバイトが求人にのっていることはほとんどないのが現状だ。なぜなら、ホワイトなバイトは定着率がよく、仮に辞める人がでたとしても口コミですぐに次の人材が決まるからといえるだろう。それに加え、人間関係のよさから、元バイトが復帰する場合でほぼ枠が埋まるからともいえる。逆にいえば、求人広告を乗せるのに通常3万円~6万円かかるにもかかわらず頻繁に求人を出している所は、非常に高確率でブラックなバイトといえるのだ。
では、コネがないとホワイトなバイトでは働けないかというと、そうではない。繁忙期をずらせば、引っ越しのバイトはホワイトなバイトといえる。御礼にお金を包まれることも稀にあり、重要な箇所は社員がやってくれるので、割と楽なバイトという声は多い。郵便局の仕分けは休憩時間がしっかり決まっている上に重労働はなく、人気が高いのである。短期のバイトで働けるのであれば、圧倒的に選挙関連がホワイトといえるだろう。受付や案内は、空調のある室内で座っての仕事となる。役所の人がきめ細やかに手助けしてくれる上に、開票であればそれほど頭を使うことも肉体を酷使することもない。また、時給は1000円を超えるのだ。副業として探すのであれば、覆面調査をおすすめする。飲食店での食事・所業施設で買い物・エステや美容院などを体験して、指定の項目をレポートにまとめると2000円~8000円の報酬がもらえるので、こちらも人気だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です