2016
05/28

COMMENTS:
No Comments »

経営者の態度で変わる

まず最初にいわなければいけないのだが、どのような業種でもブラックな職場は存在する。これを勘違いしないで欲しい。あるジャンルは全部ホワイトだ・このジャンルは全部ブラックだなどと、間違った情報を口走っている人がいるが、実情はどんな業種にもブラックな職場は存在する。では、何がホワイトなバイトとブラックなバイトの境目になるのだろうか。それは、経営者の態度だ。バイトでいうと、ほとんどの場合が店長になるだろう。店長がどのような人間かによって、そのバイトがブラックかホワイトなのか決まるのだ。
それでは、どのようなバイトがブラックになりやすいのだろうか。感情的な店長の場合は、ものすごく危険といえる。感情的な人物は自分の尺度でしか物事を考えず、職場の人間の苦労を考慮しないことが多い。また、人によって態度を変える店長も危ない。こういった人は、断れない人間を見つけては、自分の仕事でさえ押し付ける傾向がある。いい経営者になるには皆に嫌われるようにとよくいうように、差別をしない経営者はいい職場を作ることが多いが、そうでない経営者はひどい職場を作るものだ。
そして、どういった職場がホワイトなものなのかというと、上記の逆である店長がいる職場は非常にホワイトなケースが多い。仕事に対して皆平等に注意や指導をするような、そういった店長は優秀な経営者である。以上のことを参考にしてホワイトな職場を見つけてもらいたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です