2016
05/22

COMMENTS:
No Comments »

働く前にしっかり確認を

バイトをはじめようと求人を探している時に、気にすることは限られている。業務内容や時給・時間帯などの労働条件についてだ。しかし、近年ではホワイトな職場であるかどうかを確認する必要が出てきたといえる。その理由は簡単で、ブラックな職場が横行しているからだ。これは、雇用形態がバイトであるにも関わらず、正社員並みの責任ある仕事を押し付けられたり、シフトを強制的に決められたりするケースといえる。
バイトをする人の層としては、仕事を最優先できない事情を抱える人も多い。大学に通いながら働く学生や、子育てをしながら働く人などが顕著な例だ。その人達は、正社員よりも安い賃金である代わりに、比較的責任の軽い仕事や誰にでもできる簡単な仕事をしている。賃金は安い割に責任が重く、シフトの自由も効かないのであれば、他のバイトをした方が賢明だ。ただ、やっかいなのは求人情報から仕事を探す時に、ホワイトなバイトであるか判断するのが難しいということだろう。ブラックなバイトであっても、その内容をそのまま求人情報に載せたりはしない。当然、仕事をはじめる前の話と変わってくるわけだ。
働く側として気をつけることは、2つある。面接の段階で労働条件について確認をしたり、履歴書に希望をしっかりと書いておくことだ。もうひとつは、あらかじめその仕事の評判を、インターネットで調べておくことといえる。今の時代、情報を入手するのは意外と簡単なので、それを参考にしてバイトを選ぶようにすることだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です